不満だらけのイチゴ狩り

土曜は栃木県の某所へイチゴ狩りに行ってきた。ここは先月も来たのだけどその時がすごく良かった。大人でも一口で食べれないほど大きなイチゴだらけで、どれも真っ赤に熟しどれを食べても本当においしくて自分も子供も大満足だった。で今回は違うとこにしようかとも思ったけど前回が良かったのでまた同じとこにしたのだけど・・・
お金を払い案内されたハウスへ入ると「奥の方へ行ってください」なんて言われ、この時いやな予感はしたんだよ。で奥の方へ行ってみると期待していた大きいイチゴは数えるほどしかなく小さいのばかり。味もいまいちでたまーにおしいのがある程度。2歳の娘でも味の違いがわかるのかおいしくないみたいで一口食べて渡すんです。嫁さんは「先月がピークでもう小さいのしかないんじゃないの?」なんて言うんですが、もうね前回が大満足で期待していただけにガッカリ。ここは時間無制限なんですが早々に出ちゃいました。今年のイチゴ狩りはもう終わりなのかなと思いつつ、戻る途中にまだ人の入っていないハウスを覗いてみるとそこには・・・
驚愕の光景が!!

今日見ることのできなかった大きくて真っ赤に熟したイチゴたちがたわわになっているじゃありませんか!前回見た、そして今回期待していた光景がこのハウスの中に広がっているんですよ。運が悪かった、そしてタイミングが悪かったのでしょう。今回は食べつくされたハウスへ案内されてしまったようです。あと数分時間がずれていれば・・・もうガックリ。今年のイチゴ狩りは終わりだと思っていたけどこれが最後じゃ納得いかん!と今月中にもう一回行くぞ!ただ今度は千葉方面(房総)にしようかな。
[PR]
by o-day28 | 2008-03-10 11:11


<< ねんきん特別便 PSPの使い方 >>