安全運転

近所の片側2車線の道路を走っていた時のこと。
この道路は数百メートル先で右側の車線が減少し1車線になる。
というのを知ってか知らずかカッ飛んで行く1台の車。

「危ねーなー」

と思って見ていると案の定、急ハンドルで車線移動したものの
体勢崩してガードレールに激突!
その反動で中央分離帯にも激突し車線を塞ぐように停車。

事故を起こした車の3台後ろで見てたけどすごかった!
まっすぐ走っていた車が次の瞬間には横に吹っ飛んでるんですから。

他の車を巻き込むこともなく、運転手もたいした怪我もないようだったのが
不幸中の幸いかな。運転手は落ち込んでたけどまぁ自業自得ってことで。
[PR]
by o-day28 | 2006-01-12 14:21


<< さよなら親知らず 元気のミナモト >>